熱中症になった場合の冷却部位。|宮崎市橘通東の鍼灸院

宮崎市の鍼灸院なら谷口メディカルコンディショニング

ブログ

熱中症になった場合の冷却部位。

ブログ 2016年07月29日

熱中症になった場合の冷却部位

【予防にも◎】

強い日差しに加え、ねっとりとした湿気が

感じられる気候になってきました。

この高温多湿の気候によって

熱中症にかかってしまう危険も高くなってきます。

そうなってしまったとき応急処置としてまずすべきなのが、

日蔭など涼しい場所に避難させてとにかく

身体を冷やすことです。

さて、その時どこを冷やすとよいのでしょうか?

今回は体温を下げるために効果的な部位を紹介します。

 

 

 

◎首
首には大きな血管が通っているため、

冷やすことで身体全体の温度も下がります。

ただ、あまり冷やし過ぎると頭痛を引き起こす場合もあるので注意!

◎脇の下
脇の下も同じく大きな血管が通っています。

首と違うのは、熱がこもりやすい場所であるということ。

重点的に冷やしてください。

◎足の付け根(鼠蹊部)
この部位も効率的に体温を下げることができます。

首、脇の下と共にこちらの部位も忘れずに、

太ももの内側のあたりを冷やすことを意識してください!

このように血管を冷やすことで身体の体温を下げることができます。
ほかにも手首や足首、膝裏など各関節の部位も効果的です。

熱中症になってしまった際は、

大きな血管が通っている部位を中心に冷やすようにしましょう!

また、重症だと思われる場合、

または手に負えないと思った場合は

必ず、すぐに119番通報や医療機関に受診するようにしてください。

なんとかしようとしても手遅れになるだけです!!

==========================
頭痛・偏頭痛・肩こり・腰痛・ギックリ腰
スポーツなどで痛めた身体のお悩みは
酸素ルーム完備!

谷口メディカルコンディショニング 

にお任せください!

宮崎初!治療院が運営・指導するスポーツチーム!
あなたのもう一歩を踏み出すお手伝い!
初心者も安心!大歓迎!チームメイト募集中!
ランニング・自転車・トライアスロン複合チーム

athletic team TMC (チームHP)

TEL 0985ー71ー0197

HP : http://tani-m-c.jp/

メール : info@tani-m-c.jp

LINE ID:tani.m.c →こちらから問い合わせ、予約O.K.
==========================