ランニングやトレーニング後の食事方法の注意点|宮崎市橘通東の鍼灸院

宮崎市の鍼灸院なら谷口メディカルコンディショニング

ブログ

ランニングやトレーニング後の食事方法の注意点

ブログ 2016年07月27日

プロテイン

トレーニング後の食事は身体にとってとても重要です。
せっかくのトレーニングをより効率的にするために
運動後の食事の注意点をご紹介します!

何よりも大切なケアは「食事」!

 

しっかり運動を行っているのに効果が得られていなかったり、
逆に筋肉や代謝が落ちてしまった、
もしくは疲れがぬけないということはありませんか?
心当たりがあるのであれば、
もしかすると運動後のケアがしっかりできていない可能性があります。

ケアといえば、
ストレッチやマッサージを連想するのではないでしょうか?
もちろん、それらも大事なケア方法ですが、
同じくらい重要な食事というケアの仕方もあります。
食事は身体を作るためのものですから、
それがいい加減になってしまうと、
せっかくのトレーニングも逆効果になる可能性もあります。

 

トレーニングするのは、
仕事終了後の夜遅くという方もいらっしゃるかもしれません。
遅い時間にトレーニングを終えるのであれば、
ダイエットしたい方は食べない方がいいのでは?と考えがちですが、
やはり運動後の食事は筋肉を作るためにも疲労回復のためにも重要。
そこで、どのようなものを食べればいいのか、ご紹介します♪

 

トレーニング後は2段階で栄養補給

 
トレーニング終了後の体は、大量のエネルギーを消費しており、
そのエネルギーの補給を求めています。

 

運動後は、
できれば30分以内に簡単にエネルギーを補給できるものをとり、
2時間以内にきちんと食事をとることが必要です。
あまり時間をあけてしまうと、
せっかく作り上げた筋肉もエネルギーとして代謝されてしまうからです。
さらに、血糖値が下降することで、
チョコレートやお砂糖たっぷりの甘いものが食べたくなる、なんてことも。
その結果、
筋肉は減り、太りやすいものを摂取してしまう…と悪循環に陥ってしまいます。

 

運動後の食事のポイントは、
①運動後30分以内…栄養価が高く消化吸収のよい食べ物を食べる。
②運動後2時間以内…タンパク質と野菜中心の、バランスの取れた食事をする。

 

具体的には、、、

 

運動直後30分以内には、
・柑橘類のジュース(果汁100%オレンジジュースなど)
・アミノ酸入りのスポーツドリンク
・リンゴ酢や黒酢を薄めて飲む、豆乳にプロテインを混ぜて飲むなど
・果物、ドライフルーツ
・梅や鮭おにぎり
・ナッツなど
なお、ジュースは血糖値を急上昇させてしまう恐れがあるので、
飲みすぎには注意が必要です。

運動から2時間以内には、
定食スタイルの偏りのない食事(ご飯、みそ汁、メイン、小鉢など)が
理想ではありますが、夜遅い場合は、
メインとなるタンパク質(肉・魚・卵・大豆製品)と野菜中心の食事がオススメです。
鍋やスープにして、肉や魚、豆腐と野菜をたっぷり入れて食べるのもよいでしょう。

このように、運動後の食事は、
消費したエネルギーを補い、疲労回復を促し、
傷んだ筋肉を修復するための栄養素を食事で取り込みます。
食事によって日々のトレーニングの効果を上げることで、
理想の身体に近づけるでしょう!

 

==========================
頭痛・偏頭痛・肩こり・腰痛・ギックリ腰
スポーツなどで痛めた身体のお悩みは
酸素ルーム完備!

谷口メディカルコンディショニング 

にお任せください!

宮崎初!治療院が運営・指導するスポーツチーム!
あなたのもう一歩を踏み出すお手伝い!
初心者も安心!大歓迎!チームメイト募集中!
ランニング・自転車・トライアスロン複合チーム

athletic team TMC (チームHP)

TEL 0985ー71ー0197

HP : http://tani-m-c.jp/

メール : info@tani-m-c.jp

公式LINE ID:@tani.m.c →こちらから問い合わせ、予約O.K.

オンライン予約もできます!

患者様からの声も是非御覧ください!

過去のブログはこちらから
==========================